コラムCOLUMN

第 5 回  ある、心に沁みるカフェのお話

2016.12.18

 そのお店は私共の事務所から、直線距離にして150m程の所にあります。
しかしそこは私が普段あまり通らない場所なので、開店後1年以上は存在に気が付きませんでした。
( このコラムを書いた2016年12月の時点で、開店2年と2か月目だそうです )
 
 ある日その前を偶然通って「 あっ、新しい店ができてる 」と思い中に目をやると、調理場の女性と目が合いました。
えも言われぬ自然な笑顔で会釈をされた私も笑顔で会釈を返し「 仕事をしながら良く外にまで気を配って 」と感心するとともに、何ともすがすがしい気持ちにもなりました。
「 こういうお店なら出てくる料理もきっと美味しいだろうナ~。妻を連れてきたらきっと喜ぶに違いない 」と思いました。

 それからしばらくして妻と休みが同じ日の午後、やっと食事に伺うことができました。
入り口近くまで行くと中から直ぐに気付いて引き戸を開け、私達を親しい友人のように迎え入れてくれました。見ていると、手さえ空いていればお帰りのお客さんの荷物を持って、外へと送り出すことさえしています。
 店構えも店内も清楚かつ慎ましやかで、経営者の人となりを反映してのことだろうナ、と想像させる風情です。
こぢんまりしたテーブルに落ち着くと、店はうら若い女性お二人で切り盛りしていて、双方よく似ています。「 お姉さんとお妹さんですか? 」と聞くとそうだとのこと。全ての受け答えは丁寧過ぎることもなく誠実さが滲み出ていて、その日は丁度寒い日でしたから、温かい湯船に浸かったような心地好さを味わいました。

 定食メニューは日替わりで、毎日、肉と魚の二通り。そこにこれまた日替わりの小鉢四種類から二つを選ぶことができ、お味噌汁か舞茸鶏出汁スープのどちらかも、好きな方を選べます。夜はこの他に単品メニューがあるのですが、何もかもを丁寧に説明しながら小鉢を見せ、オーダーを聞いてくれます。小さな店で席数は少ないのですが、決して回転効率を考えた客さばきはせず『 お客さん本位 』を、絵に描いたような接客です。満席で入ることができないお客さんがいると忙しくても外まで出て行き、ご挨拶と何やらお詫び説明もしていました。
食後の飲み物も僅か100円で提供していて、たっぷりとホイップクリームが添えられた自家製パウンドケーキも有るのですが、お客さんが長尻になる為、収益だけを考えていたら、普通の店ならしないようなサービス構成です。安いランチビールにさえ、クミン入り自家製クラッカーが付いてきます。
 
 一つ一つ丁寧に作っているのでしょう、しばらくして待望の定食が運ばれてきました。
私は元々が料理人ですから、このお店の店内にこれ見よがしな表示が何一つ無いにも拘らず( 小さな黒板の隅にこれも小さく「 できるだけ添加物や保存料を使用しないで料理してます 」とだけ書いてありました )、食べ始めると直ぐ、食材の鮮度や食味が水準以上で調理法も優れていることに気が付きました。ランチ800円、ディナー850円で料理のこのクオリティー。これは一般基準に照らして、料理だけでも大変な優良店です。
 
 しかし私はここで声を大にして申し上げたいのですが、飲食店の価値は、料理以外に、もっと様々な要素にまで比重を置いて語られるべきだと思うのです。私は常々、料理店に対し世の中では押し並べて、お皿の上のことだけに評価が偏り過ぎていると感じています。
 
 人間が食事をするという行為は、他の動物がエサで空腹を満たす行為とは全く異なります。精神的充足、幸福感、安心感、時間的余裕などがそこに加われば、味覚満足は、更に大きくなってゆきます。
料理を運んできた人が笑顔で一言を添えるだけでもその効果はかなりのもので、それが心からのものであれば尚更です
この要町のカフェには『 誠の心 』が満ち満ちていて、『 世界最高のホスピタリティー 』と自他共に許す某ホテル内のレストランなどと比較しても、決して引けを取ることがありません。
 私達はどうしても、洗練された『 演出 』を伴うホスピタリティーやサービスに目を奪われがちで、メディアもそこに視点を置いています。
しかしここに有るものは、大切な友人や家族に対する『 真心 』に似て、温かな眼差し、さりげない心遣いや会話、用意されたひざ掛け、間伐材を使った日本製の割箸、安全な食材、手間をかけた料理etc.
これらは私が想像するに、ご自分達を幸せにしてくれているお客さん方に対する『 感謝の気持ち 』が具現したものだと思うのです。
『 食べ手を想う心 』が大きければ、料理も必然的に、美味しくて安全なものになります。私が敬愛して止まない故ベルナール・ロワゾ―の一言を思い出しました。『 ママの料理には敵わないナ~ 』
 
 商業主義とは無縁の『 野のユリ 』のようなお店。お二人の振る舞いや声音そして料理からも心の内は充分伝わってきますが、ちょっと口コミやコラムを覗いてみました。

 「 『 セブンイレブンに出来ないことを 』という、想いも、コンセプトも、お二人のほっこりした雰囲気も素敵すぎます!」と、常連になったお客さんが書き込みをしていました。

 雪の日のお二人のコラムには「 私達姉妹の一番の気がかりは、農家の高橋さん大丈夫かな?畑、大丈夫かな?ということでした 」とあり、そして最後に「 高橋さん、いつもどうもありがとうございます 」と書かれていました。安全で美味しい野菜は、信頼できる農家さんから直接仕入れていたのですね。
 開店二周年目のコラムは「 、、、、前略。日々、感謝しながら、精進して仕事をしているつもりですが、まだまだ足りないことだらけで、私たち姉妹の毎日仕事終わりの反省会は課題でいっぱいです。
いらして下さったお客様に、不愉快な思いをしないでお帰りいただけるよう、、、、、、、中略、、、、、、、課題克服や、新メニューの試作などの為に、今まで水曜日と金曜日のランチ後に、いったん閉店させていただいていますが、勝手ながら木曜日も一旦閉店させていただくことにし、さらなる努力をしていく決意でいます。ゆっくりとではありますが、進んでいきたいと考えています 」でした。長時間営業なので中休みを取っているのだと思っていましたが、こういうことだったとは・・・・・・・。

 私の仕事は『 事業としての飲食店 』の顧客満足、種々の効率、コスト・マネージメントなどを追求することで高収益を上げ、その収益をスタッフさん達の処遇と賃金にも還元する為のお手伝いをすることです。しかしこのお二人の、収益は二次的なものと考え『 人生の満足度 』に殉ずる生き方。
つまり『 誠意を尽くすことは、人生の目的であって手段ではない 』という生き方を目の当たりにし、一服、いや二服三服の、上質な清涼剤を口にする心持ちです。
 
 この様なご商売のやり方でもこのお店が潰れることはなく、たとえ多くはなかったとしても、収益は自ずから付いてきます。

 何れにしてもこのオアシスのようなカフェは、この精神空間の価値を理解する人々にとって、大切な宝物になっています。

カテゴリーCATEGORY

PAGETOP