コラムCOLUMN

第 21 回 新型コロナウイルス感染症と飲食店 (1)

2020.02.06

 中国武漢市を発生源とする新型コロナウイルスの拡散が、最悪のタイミングで起きてしまいました。
中国の春節を前にして、1,100万武漢市民の内500万人が、日本を含めた各地に移動してしまったと言われています。この時期に中国全土では、延べ30億人もが大移動するのだそうです。
しかも中国政府による初動対応が遅れ、WHOが緊急事態宣言を発したのが遅れたことも、感染を拡大させる原因となりました。既に中国以外でも死者が出て、世界各国は対策に苦慮し、不安も募らせています。武漢を中心とする中国湖北省では、人から人への感染が繰り返され、町中で誰から移ったか判らない『 市中感染 』の段階に入ってしまいました。
政府と行政の対応が拙かった日本でも、封じ込めができず、市中感染を起こす可能性を排除できないと言う専門家もいます。

 しかし考えてみるとスペイン風邪を始め、いつの時代も私達は、未知の感染症の脅威に曝されているのです。
2003年に猛威を振るったSARSは、幸運にも日本では感染が現れずに終息しました。しかしMERSは、未だサウジアラビアなどで流行が終息していません。新型インフルエンザも、幾度も流行を繰り返してきました。従来型のインフルエンザも、毎年必ず流行期を迎えます。
 ただ幸いにも専門家によると、今回の新型コロナウイルス感染は、インフルエンザと同じ対策を敢行すれば、防げる可能性が高いとのことです。マスクが飛ぶように売れ市場から消えてしまいましたが、最も効果的な対策は、やはり徹底した手洗い( アルコール消毒も含む )だそうです。

 私が経営していた店では、お客さんに清潔な手で食事をしていただきたいと考え、2008年から全席に『 手の消毒用のアルコールボトル 』を置いていました。そしてご来店のお客さんにはその旨を申し上げ、使っていただけるようお知らせをしていました。
言い方を間違えると、『 お客さんの手は汚い 』と聞こえてしまいます。そのため細心の注意と満面の笑顔で、『 どうぞご自由にお使いください 』とお伝えするのです。
 今もし消毒用アルコールの用意をされていないお店が有りましたならば、新型コロナウイルスが出てきた今回を機に、是非その設置をなさるようお勧めいたします。手掴みで食べるパン等を提供するお店では、必須ではないでしょうか。

 飲食店で最も大切なことを、もしたった一つだけに絞れば、それは衛生管理に他なりません。
私達は、食材の衛生管理はもちろん手指や調理器具の消毒・洗浄など、あらゆることに心を配っていました。前回のコラムでも申し上げましたが私達の手指を常に、舐めても大丈夫な状態に保ったのです。
営業用の電話や携帯も、開店前にアルコール消毒をしました。特に注意したのはお金を扱った後の手指の洗浄で、レジ横の消毒用アルコールも使い衛生を保ちました。
 
 そしてこれはお客さんに対し極めて失礼な話ですが、心構えとして、『 多数のお客さんの中には、ご病人がおられるかも知れない 』との認識で仕事をしていたのです。つまり食後の食器を下げた私達の手を衛生的にしなければ、お客さん方の健康を守れないという認識です。また、私達はお客さんへの衛生管理をしっかりすることが、結果的に自分の健康を守ることになるとの認識も共有していました。
 その他でスタッフに徹底して守ってもらったことは、もし出勤前に発熱など体調不良があった場合、決して出勤せず医療機関を受診するという約束事でした。これは職業倫理としてまた同僚に対する配慮として当然なのですが、なかなかできないお店も有るようです。しかしながらお客さんと従業員さんからの信頼を得て長期継続営業をする為には、従業員さんが自主的に休んだ場合の給与はどうするか等、全店を挙げコンセンサス作りをなさるべきだと思います。

 さてこの新型コロナウイルスの拡散が、一体どの様な経過をたどって終息へ向かうのか、専門家にも見当が付かないそうです。
 しかし中国へのフライトを停止した航空会社は、既にかなりの数に上っています。それらの航空会社は、そこまで事態が切迫したと見ているのです。この様な状況下では中国以外でも、最悪の場合SARS流行時の香港の様に、多くの飲食店が休業を余儀なくされる事態が起きるかも知れません。
また日本でも、現在より更に事態が悪化した場合には、お店として様々な判断を求められる場面が出て来るかと思います。例えば、医学的には予防効果が限定的とされる市販のマスクですが、従業員さんの心情としては着用したい人も出ることでしょう。この様なケースでは、話し合いをしてどうするか決めるしかありません。そして結果が着用ということになれば、張り紙などでお客さんの理解を得ることも必要になります。
文面は個々のお店の事情によりますが、あくまでも、お客さんを警戒する気配を見せない配慮が求められます。感染症の拡散防止に咳エチケットは有効ですから、そのあたりをマスク着用の、お願いの理由に使うのも良いかと思います。

 輸入感染症の専門家によると、新型コロナウイルスの今後については、楽観と悲観の幾つかのシナリオが考えられるそうです。しかし何れにせよ過度に拙速な反応をするのではなく、従前以上の徹底した衛生管理を続けてゆくことが、肝要であると考えます。
 
 グローバル化が進んだ今日では、パンデミックが起きやすい状況が生まれています。人が地球の裏側まで行くのに、1日あれば充分だからです。

 今回の新型コロナウイルス拡散が、これ以上の事態悪化に至らないよう、ただただ願うばかりです。

カテゴリーCATEGORY

PAGETOP