コラムCOLUMN

第 11 回 映画『 生きる 』に見る、黒澤明監督の職業愛

2018.09.29

 10月8日から赤坂ACTシアターで、ミュージカル『 生きる 』が20日間にわたり上演されます。
この舞台は、1952年に黒澤監督が打ち立てた金字塔を『 黒澤明没後20年記念 』と銘打ちミュージカル化したもので、世界進出まで目論み企画制作されました。 が、、、、、、、、、、、、。
 
 素になった映画は映像が汚く音楽の演奏は低水準、他の観点からも表層的には何一つ超一流と言えるところはありません。しかしながらと言うか、ところがと言うか、表現された精神性の高さはこの上も無く、観る人の心に生涯忘れ得ぬ感動を刻む、黒沢映画の最高傑作でありました。
 
 主人公の渡辺勘治は『 休まず・遅れず・働かず 』を絵に描いた様な人物で、30年間ただ時間をつぶし、生きたとは言えない役人人生を歩んできた凡俗な市民課長。そんな男が胃癌になり、余命わずかと知ることで死の恐怖に囚われ、一旦は絶望の淵に沈みます。しかし間も無く、彼はこのままでは死んでも死に切れないと思い至り、主人公が棚上げにした公園建設を、回心し生き甲斐に替えることで人生に目覚めます。そして半年間の英雄的な奮闘の末、自らが完成させた公園で満足して死んでゆくのです。

 黒澤監督作品『 生きる 』のヒントは、文豪レフ・トルストイ作『 イワン・イリッチの死 』から得ました。
ここには俗人裁判官が不治の病にかかり、日に日に増す心身の苦しみの中、最後の三日間で、人生の最も大切なことに気付き死を迎える様が描かれています。トルストイ自身の体験による、苦悶からの解脱を題材にした短編小説です。
 映画の脚本は黒澤明、橋本忍、小国英雄の共同執筆により、人間の尊厳を謳った崇高な物語に仕上りました。そして圧倒的な黒澤明の演出は、登場人物達を通し観客に、『 人間はいかに生きるべきか 』と問い掛けます。

 黒澤明という人は、「 映画というのは独特の美しさと、映画ならではの表現が有る訳だよね。映画を作る時にはそれを捕まえたいから、自分に厳しく、長い間夢中になってやってきたわけです。だからスタッフにも俳優さんにも、厳しいかも知れない。しかしそれは当然のことだと思うんですよね。映画はお金を払ってお客は観るんだから、最高のものを観せる責任が有るよね。人間がこういう態度でいるのは当たり前でね、全ての人間がこういう態度でいなけりゃいけないと思うんだ 」と言って、細部の映像に写らない小道具にまでこだわりました。この完全主義を裏付けるエピソードは枚挙に遑が無く、『 七人の侍 』など、他の作品からも明瞭に伝わってきます。

 本コラムでは、黒澤明監督が最も大切にした徳目である『 職業愛 』について、映画『 生きる 』を通し、少々申し述べさせていただきたいと思います。

 飲食店経営のみならず事業における共通の『 理 』は、構成員一人一人の意識と努力がパズルの様に一つとなり、全体の雰囲気、社風、成果を作り上げるということです。
 黒澤さんはスタッフさんや俳優さんに、「 つまらない仕事でも一生懸命やっていると面白くなる 」と言い続けていました。「 努力だけでは長くは続かず、面白いからこそ努力できるし、努力し続けていると益々面白くなる。そこに好循環が生まれるんだ 」とも、想いを込めて口にしていました。
たとえ立派なスローガンを掲げても、実践する人達が精神的にも報われなければ、段々モチベーションは下がってゆきます。黒澤さんはこの『 精神的報酬 』を、『 面白い 』と言い換えたのでしょう。
 
 『 生きる 』のクランクイン前、無気力な市職員を演じる田中春男は、自分の役を如何に下卑た人物に見せるか腐心していました。
ある日彼は乗り合わせたバスで、前歯の一本欠けた男が、歯の間からチロチロ舌をのぞかせているのを見付けます。田中春男は『 これだっ!!! 』、と膝を打ちました。早速黒澤監督に歯を抜く相談をすると、「 そこまでしなくてもイイヨ 」と止められたそうです。しかし田中はよほどの思い込みが有ったらしく、本当に歯医者で抜いてしまいました。完成後試写を観た田中は大いに満足し、その後どんどん役作りにのめり込む俳優になってゆきました。

 先月惜しくも亡くなった菅井きんさんも、デビュー翌年の若き日、市役所に陳情する主婦役で印象に残る名演を見せています。渡辺勘治が土砂降りの公園を視察するシーンの撮影時、下着までずぶ濡れになった菅井さんが渡辺役の志村喬に、思わず駆け寄り傘を差し掛けるのです。菅井さんの、役に対する感情移入の極みで生じた、格闘する市民課長に傾倒し切ってのハプニングでした。
これを無意識の名演と、黒澤監督が「 菅井さん、よかったよ、よかったよ 」と心からねぎらい誉めたそうです。菅井さんはこの時の感激を、「 涙が出てきて仕方ありませんでした 」と証言しています。
 この後、菅井さんは数々の映画やドラマに出演し、日本屈指の名脇役になってゆきます。
 
 また主役を演じた志村喬も、胃癌で半年しか生きられない渡辺勘治になり切り、鬼気迫る演技を残しました。志村喬は映画完成まで役作りの為、私生活でも自分は胃癌なんだと、ずっと自身に言い聞かせていたのです。
 志村喬は撮影終了後、本当に胃癌かも知れないと心配になり、病院へ検査をしに行ったそうです。

 私は、黒澤監督が誰よりも映画を愛し、更にはこの映画にかける執念が尋常ではなかったからこそ、その想いが俳優さん達に伝わったのだと確信します。出演した誰もが、監督に言われたからではなく、自ら進んで役にのめり込んでいたからです。
 
 主人公は雪の夜、自ら手塩にかけた公園のブランコに揺られながら、突然に吐血し死んでゆきます。
その雪を降らせた小道具係さんは、「 雪の身になり雪の気持ちになって降らせた 」と語っていました( 公園はスタジオ内のセットで、雪も手作りの人工雪 )。
 黒澤さんは役者さんだけでなく、スタッフさんの成長も願っていたそうです。

 翻って飲食店経営を考えると、当然ながら経営者は、一様に事業の成功を想います。
しかし私達は黒澤監督と比較して、どれほど自らの事業に、意義と職業愛を感じているでしょうか?

 黒澤明の世界に目を凝らし飲食店経営になぞらえると、『 職業愛 』とはスタッフさんや社員さんに要求するものではなく、経営者や上司つまりリーダーこそが、身をもって示すべき資質だと解ります。
 従業員さん達は、言われることや看板としての企業理念ではなく、経営者や店長の『 心の内 』を見据えているものです。リーダーが心の中に本当に思っていることは、その表情や雰囲気からも滲み出てきます。その滲み出た心根こそが、スタッフさん達の心に届くのではないでしょうか。
 リーダーが、真にお客さんの幸福感・満足感を目指していることを知れば、スタッフさん達は必ず、良い仕事をしてくれるようになります。ましてやスタッフさんの幸福や成長を願っていれば尚更です。

 日本フードサービス協会が今年8月公表した外食産業市場動向調査によると、種々要因で事業環境は厳しさを増しているものの、国内売上高は24カ月連続で前年実績を上回りました。
しかしながら来年10月の消費税増税、東京オリンピック後の景気減速、生産年齢人口減少や少子高齢化による社会構造の変化等により、外食産業にも強い向かい風が吹く時代がやってきます。
 また今や、インバウンド消費にも後押しされる外食産業です。為替や世界経済の、変調からの影響も避けられません。
 
 黒澤さんはご自身の道徳感情として、『 仕事に愛情を注げば楽しくなり、愛情のこもった仕事は、人の幸せにつながる 』との信念を持ち続けました。黒澤監督が数々の名作を世に残せた秘密は、この徳目『 職業愛 』に有りました。
  
 私も黒澤明監督に倣い、自らの職業愛を深化させることで、来たるべき不確実性の時代への、備えにしたいと思います。

カテゴリーCATEGORY

PAGETOP